デートでは相手の話を親身になって聞く

相手の話に興味があることをアピールしよう!

デートでは積極的にアピールをしようと考えて、つい自分のことばかり話してしまいがちです。特に、興味のない話題やよく分からないジャンルの話を相手からされると、適当に話を合わせてその話題を終わらせたいと思ってしまいますよね。しかし、それでは「相手の話をあまり聞かない人」という印象を持たれてしまいます。そこで、相手が何かを話しているときは、質問できるポイントを探してみましょう。たとえば、自分はほとんど興味がないものの、相手の趣味が登山だったとします。その場合、「登山はしたことがないから分からない」で終わらせず、「どこの山を登ったことがあるんですか」など、質問をしてみるのです。質問をして話題を広げていくことで、相手の話をきちんと聞き興味を持っているというアピールができます。

適度な相づちも意識して!

相手が話をしている間、視線を向けることはもちろん、適度な相づちを打つのも大切なポイントです。仮に、食事中や運転中など、ほかのことに意識を向けていると、話は聞いていても無言になってしまうことがあります。しかし、それでは相手は「自分の話をきちんと聞いてくれているのかな」と不安になってしまうのです。「そうなの」や「そうだよね」など、相手の話の内容に合わせて適度に相づちを打ちましょう。とはいえ、言葉の区切りごとに何度も相づちを打つと、逆にいい加減に話を聞いている印象になるので気をつけなければいけません。話の内容をよく聞き、ひとまとまりごとに相づちを打ちます。デートでは相手の話の内容を親身になって聞くことを意識しましょう。

自分で結婚相手を見つけられないなら、結婚相談所を大阪で使いましょう。さまざまなバックアップをしてくれて充実した時間が過ごせます。

結婚相談所の選び方

結婚相談所で相手を見つけるコツ

全国には数多くの結婚相談所があり、1つの婚活方法になっています。そこで、うまくパートナーを見つけるための結婚相談所の選び方やデートのコツなどについてこれからお話します。結婚相談所を利用する時の参考にしてくれると幸いです。

© Copyright Marriage Counselors Nationwide. All Rights Reserved.